[転勤族] 犬連れで都会から地方へ引っ越す場合の注意点

初めての犬連れで引っ越し。しかも、希望していない引っ越し。

我が家が関東から地方へ引っ越した時、愛犬達の生活環境にも大きな変化となった様で、病気にもなりとても戸惑いました。

転勤になった時に、まずペットとの引っ越しについて不安だらけだと思います。

いくつか注意点をご紹介いたします。

 

広告

待ち構えていたかのうに愛犬達に病気

pexels.com

 

引っ越した当時の愛犬達の年齢は2〜5歳と若かかったですが、引っ越してから1週間も経たない時にタンが絡むと様な咳をし始めたのです。

そこから症状が落ち着く愛犬もいましたが、酷くなると夜中に発作の様になりました。

そこで「ケンネルコフ」という事が判明。パピーがなる病気だと思っていたのでびっくりしました。

その他、原因不明の下痢や嘔吐が続き、免疫力が上がるまで散歩をするのを辞めたら治りました。

そこは田舎だったので、まだ外犬を夜中にフリーにさせる事が多く、色んなウィルスが潜んでいても不思議ではない環境でした。

引っ越してからしばらくは近所の散歩を控えるようにし、ワクチンなど証明書が必要なドッグランへ連れて行く事をお勧めします。

その他、愛犬がブタクサの花粉症(アレルギー)にもなりました。それまで住んでいた町は草刈りもきちんとしていたのでブタクサが無かったので気付かなかっただけだと思いますが、ブタクサがあっちこっち生えていたので可哀想でした。

外犬の多さで散歩嫌いへ

pixabay.com

 

外犬が多い地域でも、またその土地によってかなり違いがあります。

今いる所は外犬もいますが、もともと番犬として飼っているのではなく保護犬が多いのでフレンドリーです。

番犬として飼っている犬達は人でも怖いと感じるので、それが、どの道を歩いても必ず会う様な場所だったので愛犬達が散歩が嫌いになってしまいました。

あとは、ノーリードにされている事が本当に多く、中型犬もいる我が家は突然公園で小さいワンちゃんが飛び出してきて噛み付かれた事も。

当時は、車が沢山通るような大通りではなく、住宅街で少し外れた場所の方が良いと思っていたのですが、できるなら繁華街や多踊りの方が良い場合があると知りました。

それから引っ越したら徐々に散歩もできる様になったので良かったです。

 

いつものモノが買えなくなる

pixabay.com

例えば愛犬のお気入りのオヤツやペットフードなどが買えなくなる場合があります。通販という方法もありますが、送料がかかるので、なるべく近くの店で購入したいですよね。

多頭飼いの場合は好みもあるので、せっかく全員が気に入ったオヤツが買えなくなると、また一から探す必要があります。

その他に、いつも顔を出していたドッグカフェやドッグランなどが無くなり、愛犬にとっては理由が分からないので、いたずらが増え、また粗相をするなど、色々困りました。

新生活に慣れてくれるまで、3ヶ月くらいはかかります。我が家の場合は引っ越しに慣れていても、完全にその土地に慣れるまでは半年はかかっています。

 

まとめ

 

事前に準備できる事もあるので、参考にしていただけらと思います。

やはり新生活を送ってみたいと分からない事だらけ。

引っ越す家選びも非常に重要になります。転勤族の愛犬達も応援しています!

 

 

 

広告