転勤族で経験する ペット連れでの「家」探しは苦労する?

我が家は転勤によって犬連れで引っ越しを4回経験しています。またいつ辞令が出るか、ドキドキしている状態。

やはり、転勤族にとって一番の悩みは転勤先で家が見つかるかどうか、なんですよね。

犬連れで初めて辞令が当初、ブログや掲示板的な投稿を読むと「家賃が高い」「選択できない」「敷金が1〜2ヵ月分増える」などといった言葉ばかり。

そして物件選びに失敗がとても多くて精神的にも経済的にも負担になりました。

ではいくつかの注意点を教えします。

広告

大家さんが入ってくる物件は要注意

pexels.com

 

地方はの場合、不動産屋さんに問い合わせてから物件を紹介してもらえるものの、部屋の案内は大家さんになるケースが多いです。また築年数が多い物件が多い。

家賃が少し安かったので、マンションタイプの西日が当たる角部屋を見せてもらいました。犬連れの場合はやはり夏は24時間エアコンを付けっ放しにする事が多いので、その地域の気候の特徴などを聞きました。

そうしたら、大家さんからは夜は窓を開ければエアコンがいらないほど涼しいと言われたので信じたら・・・大間違い!

窓や壁から西日が当たりまくり、そしてリビングからキッチンまで真夏の室温がなかなか下がらなかったのです。電気代が通常より3〜4倍になりました。

 

酷かった月は4万になりました。

嘘の様で本当の話しです。寝室側に愛犬達をお留守番させる様になったので、室温の高さで家電がどんどん故障していき、無駄な出費が増えただけでした。

更に、愛犬は毛が長い犬種というのを確認してから、風呂場でシャンプーしてはダメだという特約を後付けされてしまった。

とにかく物件探しには何でも相談や質問できる営業マンが一番です!

都会で引っ越す時、ペット連れはマンション住まいの覚悟を

pexels.com

分譲マンションなのに個人で賃貸物件にしている部屋が多く、更に少し古いマンションでと、ペットに対しての特約が無い事が多く多頭飼いもOKが比較的に多くなります。

大きいワンちゃんを飼っている家族にとっては、一戸建てを探される方も多いと思います。ですが、小さいお子さんがいる家族もマンションよりも一戸建てを探す事が多く物件数も極端に少ないのです。

マンションの場合は敷金や礼金が3ヶ月以上になる場合が多いですが、物件選びには苦労しない印象です。

ペット可のマンションの最大のメリットは、ぐに知り合いが増えること。ワン友さんがすぐに出来るのがとても良いです。色んな情報を聞く事が出来るのでおすすめです。

最後に

いわゆる地元の不動産に多いのは、持ち物件をネット掲載しないケース。また電話で問い合わせた場合でも教えてくれない事が多いようです。

実は、不動産屋にとって多忙期になると掲載する時間が無い場合も多く、空いたばかりの物件情報も何度か紹介していただいた事もありました。

地元の小さい不動産屋さんも含め、ネットの掲載情報だけではなく直接店舗に行く事をおすすめします。

広告